専業主婦が借入できるカードローン

利用明細書の見方について

利用明細書の見方について

カードローンを利用すると必ず利用明細書が発行されます。
最近はエコのために紙を使わないWeb明細も増えていますが、いずれにせよ明細って意外とややこしくて見方がわからない人も多いようですね。
ATMを利用した場合は、利用した金額と利用可能残高が表示されていますが、これは銀行のキャッシュコーナーと同じなのでそれほど難しくありません。
郵送やWeb明細の場合は、業者による違いもありますが書いてある内容はほぼ同じです。
カード番号やカード名義人の名前、利用した日付と金額、どこのATMかなど利用した場所や店舗の番号などが最初に書いてあるものが多いですね。
次は支払い回数、年利、元金&利息、利用可能残高、借入残高などが書いてあります。
もしも支払期日までに返済できなかった場合には、ペナルティとして延滞損害金が発生しますので、利息のところに延滞損害金などと記載された金額がプラスされます。
今はほとんどが紙を節約するために、Web明細を使っていますが、これを利用するには申し込みをする必要もあるので、詳しいことは各業者に問合わせてください。
カードローンの利用明細というと、それだけで項目がたくさんあってややこしく思えてしまいます。
しかし必ず項目がありそこに金額が記載されていますし、明細書の裏やWeb明細の場合も見方の見本があるはずです。
何が書いてあるのか知りたい場合は、見本と照らし合わせてみると意外とわかりやすく書いてあることが分かると思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ