専業主婦が借入できるカードローン

専業主婦カードローンの申し込みの時に嘘をつくとバレますか

専業主婦カードローンの申し込みの時に嘘をつくとバレますか

カードローンの申し込みをすると必ず審査が行われます。
審査内容や審査基準は各業者による違いもありますし、公正を期すために審査基準などは問合わせても教えてもらえません。
カードローンに申し込む場合年収なども審査基準に入りますが、よく見せようとして嘘をついてもすぐにバレてしまいますし、印象も悪くなるので絶対に嘘の申請はやめておきましょう。
専業主婦の場合は本人に収入がなくても、配偶者である夫に安定した収入があれば申し込みも利用も可能です。
専業主婦専用のカードローンの場合、利用限度額上限は30万円としているところが多いようです。
実績などを積めば50万円まで増額可能のところもありますが、この場合は、夫の収入証明書が必要です。
これ以外は夫の収入証明書は不要です。
また年収なども全て信用情報機関で閲覧できますので、嘘をついてもすぐにバレてしまいます。
もしも申し込み後利用許可が出たとしても、後から虚偽が発覚すれば利用を停止されることになりかねません。
当然印象は最悪ですし、虚偽があった場合は無条件で利用分訴えられることもあるので嘘をついてまで申し込むのは賛成できません。
大抵は信用情報機関を見ればすぐに嘘だとばれるので、嘘の部分を指摘されます。
勘違いなどもありますが、仕事が変わり年収が変わっているような場合も変更をせずにいると後で、登録されている情報と違うと確認されることもあります。
これは専業主婦カードローンに限らず、全てのカードローンに共通しています。


ホーム RSS購読 サイトマップ